おふさ観音

おふさ観音

美しい姿と心の浄化 ― 大和十三仏霊場の一つ、おふさ観音を巡る

2023年6月4日に参拝してきました。

大和十三仏参りのため、この日は當麻寺~おふさ観音~安部文珠院~長岳寺と4カ所参拝しました。

二ヵ所目、おふさ観音。奈良県橿原市にあります。大きな幹線道路から狭い路地を入っていくと、こじんまりとしたお寺が建っています。バラの香りが漂う素敵なたたずまいです。

東側の幹線道路から少し入ったところの第二駐車場(無料)に車を止め、約5分ほど歩くと到着。

門をくぐると、まずたくさんのバラの花と赤い提灯に圧倒されます。

御本堂にお参りすると、「生き人形 特別拝観」との案内が・・・。とても気になって300円(多分)の拝観料を払って、中へ。なるほど、これが・・・。一見の価値ありです。

御本堂の裏に回ると、メダカの学校なるものや、庭園や、七福神の恵比寿さまなど、こじんまりとしながらも、たくさんの見所があるお寺でした。

短時間の滞在でしたが、心の疲れを癒し、心身の安定をもたらしてくれる場所であり、季節が変わるたびに訪れたいと感じました。

おふさ観音とは

奈良県橿原市にある高野山真言宗の別格本山の寺院です。正式名称は十無量山観音寺といいます。

ご本尊は十一面観世音菩薩。

バラの花が境内にあふれ、「花まんだらの寺」として知られています。

1650年に、この辺りにあった鯉が淵という池の中から白い亀に乗った観音菩薩が現れ、それを発見した付近に住んでいた「おふさ」という娘が、小さな堂を建立し、比叡山延暦寺から観音院の本尊・十一面観音を譲り受けて祀ったことが起りとされています。

現在の本堂は明治時代に民衆の寄付によって建立されたものです。

1690年に作られた梵鐘があったそうですが、戦時中の1944年に金属類回収令により供出されました。

↓ 公式HPはこちら

高野山真言宗 別格本山 おふさ観音|バラと風鈴のお寺

おふさ観音へのアクセス

お寺の近くにも駐車場はありますが、かなり狭い路地を入っていかなければならず、東側の幹線道路沿いにある第二駐車場に止めるのがおススメです。駐車料金は無料です。

↓ Googleマップはこちら

おふさ観音 · 〒634-0075 奈良県橿原市小房町6−22
★★★★☆ · 仏教寺院

↓ 第二駐車場はこちら

おふさ観音 第2駐車場(大型可能) · 〒634-0073 奈良県橿原市縄手町203−5
★★★★☆ · 駐車場

おまけ

おふさ観音から次の安部文珠院に向かう途中に、ちょっと休憩。

中和幹線という幹線道路沿いに、スターバックスが2カ所あります。立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

↓  期間限定の瀬戸内レモンフラペチーノです!

↓ スターバックス その1

スターバックス コーヒー 橿原中和幹線葛本店 · 〒634-0007 奈良県橿原市葛本町789−1
★★★★☆ · コーヒーショップ・喫茶店

↓ スターバックス その2

スターバックス コーヒー 橿原中和幹線常盤店 · 〒634-0003 奈良県橿原市常盤町549−1
★★★★☆ · コーヒーショップ・喫茶店

コメント

タイトルとURLをコピーしました