天神崎~和歌山のウユニ塩湖の絶景と、温泉、グルメを楽しむ、癒しの1泊2日の旅~

天神崎~和歌山のウユニ塩湖~

2023年12月、とても寒く、晴れわたった週末。和歌山県田辺市にある天神崎、別名「和歌山のウユニ塩湖」とも呼ばれる絶景スポットに、1泊2日のまったり旅行。

のんびりゆっくりお昼過ぎに大阪市内を出発し、和歌山のウユニ塩湖と呼ばれる天神崎で夕日に包まれた絶景を楽しみました。

その後は近くの亀の井ホテル紀伊田辺(かんぽの宿から変わっています)で温泉とグルメを楽しみ、癒しの時間を過ごさせていただきました。

ホテルの向かいにある、昭和の雰囲気漂う懐かしい定食屋さん、地元の寺社仏閣へのご参拝、途中で立ち寄った新鮮な産直のお店、サービスエリアグルメなどもご紹介しています。

土曜のお昼過ぎに大阪市内を出発して、日曜日のお昼過ぎには帰ってこれる1泊2日のプチ旅行。

仕事や日々の生活をがんばる皆さまの、オフの日のお出かけの参考になれば、幸いです。

モデルコース

【1日目】
12:30 大阪市内を出発
13:30 紀ノ川SA下り(阪和道)
14:40 天神崎駐車場(無料)
15:00 元嶋神社
15:15 元嶋神社近くの海岸
15:30 車に戻りちょっとお昼寝(寒いので車で待機している間にウトウト・・・)
16:20 天神崎ビュースポット
16:55 日の入り
17:10 近くのコンビニ
17:30 亀の井ホテル紀伊田辺にチェックイン(温泉とお料理を堪能)
20:10 ホテル前の定食屋「ふっちゃん」
21:30 ホテルの夜食サービス「白い担々麺」

【2日目】
(チェックアウトまでに、温泉と朝食バイキングを堪能)
9:30  ホテルをチェックアウト
9:40  農産物直売所「紀菜柑」
10:15 高山寺
10:40 農水産物直売所「よってって」
11:20 闘鶏神社
12:00 海蔵寺
13:00 紀ノ川SA上り(阪和道)
13:30 岸和田SA上り(阪和道)

1日目

お昼過ぎにゆっくり大阪市内を出発し、高速道路で和歌山へ向かいます。

近畿自動車道と阪和道を使って行きました。

紀ノ川SA(下り)

トイレ休憩とおやつタイムで、紀ノ川SAに立ち寄りました。
良いお天気、良い景色、花壇のパンダがかわいい!

ここのおススメグルメは、「紀ノ太刀天丼」。
大きな太刀魚の天ぷらが乗った天丼です。
食べませんが、写真だけ。

おススメと聞いたカレーパンを買ってみました。
外はカリカリ、中は甘口のカレーと半熟卵が入っています。かなりのクオリティーの高さです。

元嶋神社

天神崎の駐車場に到着。無料です。トイレもあります。
そんな広くはないので、ベストシーズンにはいっぱいになりそうな感じです。
こんな看板がありました。

駐車場の向かいは海!島へ向かう橋が見えます。
橋を渡って歩くと、元嶋神社という神社があるとのことで、向かいます。

美しい海を見ながら歩いて行くと、辿り着きました。心を込めてお参り。御朱印や授与品などはありません。

駐車場へ戻る途中の海!
夕日にはまだ早いですが、それでも美しい景色です。

砂浜ではなく、岩です。とても歩きやすく、奥まで歩いて行けます。

車に戻り、寒いので夕日の時間まで待機する間にお昼寝。至福の時間。

天神崎~和歌山のウユニ塩湖~

16:55が日の入りでしたが、その30分位前の様子です。

こんな景色を見ながら、天神崎ビューポイント(ウユニ塩湖と呼ばれている場所)に向かって歩いていきます。

途中にこんなモニュメントがありました。

天神崎ビューポイントに到着。

ウユニ塩湖と称される地形と夕日が本当に美しく、とてもとても感動します!

駐車場に戻りながら、夕日が沈む幻想的な瞬間を見ることができました。

↓ Googleマップはこちら

天神崎ビューポイント · 〒646-0050 和歌山県田辺市天神崎
★★★★☆ · 観光名所

亀の井ホテル 紀伊田辺 その1

コンビニに寄ってから、すぐそばにある「亀の井ホテル紀伊田辺」へチェックイン。
天神崎へは歩いても1㎞くらいの距離にあります。

館内に入ると、素敵なクリスマスツリーとサンタクロースが出迎えてくれました。

清潔感のある和室のお部屋。

店内の売店のお酒コーナーの様子。

天神崎で風に吹かれて体が冷えていたので、まずは温泉へ。
ぬるすぎず、熱すぎず、私にはちょうどいいお湯加減でした。
特に露天風呂がおススメ。
露天風呂から見える星空が美しくて、幸せな時間が過ごせました。

そして、晩ご飯。
レストランの前にはお正月用でしょうか?日本酒の樽がありました。
クエ(?)の魚拓も。

プランはベーシックな懐石料理です。

お品書きはこんな感じ。

生ビール 800円くらい(追加料金)。

お料理の数々

私は、特に寄せ鍋と、梅コロッケが美味しかったです。

ふっちゃん

お腹も心も満たされていましたが、せっかくなので、ホテルの向かいにある定食屋さん「ふっちゃん」へ。

ドキドキしながらのれんをくぐると、女将さんが「どうぞ」と迎え入れてくれました。
奥の厨房には大将がいて、2人で切り盛りされています。

年季の入った鉄板にテーブル。

手書きのメニュー なんだか微笑ましい。

写真がないからどんなもんか分からん・・・
チャンポン?うすやき?デラックスとミックスってどう違うの?
???がたくさん付きましたが、めずらしそうな、「チャンポン」と「うすやき」、そして瓶ビールを注文しました。

瓶ビール(アサヒとキリンが選べましたー)

瓶ビールを注ぎながら店内を見渡すと、あれ?あれはおでんのお鍋では?

せっかくなので、おでんもいただきました。

これは、かなり美味しい!鰹節とネギをたっぷり。優しいお味のお出汁。クオリティ高いです。
鰹節とネギで見えませんが、たまご、こんにゃく、厚揚げです。

おでんとビールでちびちびやっていると、来ました!チャンポン!

焼うどんと焼きそばが混ざっています!!!
ソースは辛め。

そして、うすやき!

薄い生地にネギとソースと鰹節!

マヨネーズをたっぷりかけて

晩ご飯の後にいただく、お酒のアテにはピッタリで、ペロッと食べてしまいました。

↓ Googleマップはこちら

ふっちゃん · 〒646-0058 和歌山県田辺市目良26−14
★★★★☆ · 鉄板焼き店

亀の井ホテル 紀伊田辺 その2

ホテルの部屋に戻り、ちょっと休憩。
ホテルの無料夜食サービス、白い担々麺を、21:00~22:00まで提供されています。
お腹はかなりパンパンでしたが、せっかくなのでこちらもいただきに・・・。

小さめの器で提供されます。良かった・・・。残さずに食べれそう。

白ごまたっぷりクリーミーさを感じる担々麺です。

麺は細く柔らかめ。なんせ、すりごまがタップリでクセになるスープでした。

クリスマスイブの前日だったので、ツリーやサンタもあり、楽しい雰囲気でした。
子供さん連れも多かったです。

もう一度温泉に入り、就寝。

↓ Googleマップはこちら

亀の井ホテル 紀伊田辺 · 〒646-0058 和歌山県田辺市目良24−1
★★★★☆ · ホテル

2日目

朝起きて、まず温泉。
朝は、昨日とはうって変わって、露天風呂から朝日が昇るところが見えました。

こちらは、ホテルから見える朝の景色。

そして、朝ごはんのバイキング。

おススメは、マグロと鯛の漬け。

農産物直売所 紀菜柑

チェックアウトをして、農産物直売所「紀菜柑」へ。
ここには、たくさんの切り花と蜜柑が売られていました。しかも安い!
(店内の写真を撮るのを忘れました・・・)

↓ Googleマップはこちら

JA紀南 ファーマーズマーケット紀菜柑 · 〒646-0005 和歌山県田辺市秋津町752−1
★★★★☆ · ファーマーズ マーケット

高山寺

次に、近くの高山寺へ。
境内の様子です。

こちらが御本堂。
中のご仏像は見れません。5/18にしかご開帳されないとのことでした。

いただいた御朱印です。

↓ Googleマップはこちら

高山寺 · 〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町392
★★★★☆ · 仏教寺院

農水産物直売所 よってって

農水産物直売所「よってって」へ。

お店の前にはお正月用の榊などが並んでいました。

2階にはフルーツパーラーもあるようです。ポスターがありました。

みかんの試食がたくさんあります。さすが和歌山。太っ腹です。

大中小たくさんのみかんが購入できます。

他にも、鮮魚コーナーには、都会では見られない珍しいお魚が売られていたり、とても興味深かったです。

↓ Googleマップはこちら

産直市場よってって いなり本館 · 〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町270−1
★★★★☆ · ファーマーズ マーケット

闘鶏神社

高速に乗り、帰路に就く前に2カ所へご参拝。
1カ所目は闘鶏神社。

無料の駐車場が大きな道路を挟んで反対側にあります。

ほっともっとの向かい側です。

道を渡って闘鶏神社へ。
少し参道を歩きます。

100mほどで着きました。こちらが鳥居です。

手水舎。

境内。

御本殿。心を込めてご参拝。

末社もたくさんあります。一つ一つに手を合わせました。

神馬の像。

弁慶とその父親の像。傍らに鶏がいます。
闘鶏神社という名前に納得です。

社務所の左側に藤巌神社があり、そちらにもお参りしました。

かわいい鶏みくじを引かせていただきました。「吉」でした。

二種類の御朱印がいただけます。闘鶏神社と藤巌神社の分です。

↓ Googleマップはこちら

鬪雞神社 · 〒646-0029 和歌山県田辺市東陽1−1
★★★★☆ · 神社

海蔵寺

闘鶏神社からすぐ、海蔵寺へ。
このお寺の前の道は「海蔵寺通り」と呼ばれています。

駐車場は広く、無料です。

門をくぐり、ご参拝。

御本尊は「弁慶観音」。
この辺りは、弁慶の出生地とのことで、弁慶にちなんだものが多いです。

御本堂や御本尊は拝見することはできません。

社務所で御朱印をいただきました。

↓ Googleマップはこちら

海蔵寺 · 〒646-0042 和歌山県田辺市南新町20
★★★★☆ · 仏教寺院

紀ノ川SA(上り)

帰路につきます。
途中で紀ノ川SAへ。

上りの紀ノ川SAでは、熊野ポークの燻製チャーシュー丼がおススメとのこと。
食べませんが、写真だけ。
かなり美味しそうです。

中田パンのフレッシュロールとワンカットちりめんおにぎりを買いました。どちらも昭和っぽい懐かしいお味です。

岸和田SA(上り)

最後に立ち寄ったのが岸和田SA(上り)。駐車場の前に屋台のお店が並んでいるのが特徴です。

こちらのおススメは、じゃこ海老と地元野菜とキノコのかき揚げひつまぶし丼。
豪華!

名物のみかんパンを購入しました。

デニッシュタイプでみかんが練りこんであるパンが3つ並んでいます。

みかんの風味が強く、さわやかなパンです。しかも、ボリューミー。

まとめ

大阪市内からでも2時間ほどで行ける和歌山県田辺市。
日帰りでも十分楽しめますが、絶景、温泉、グルメを楽しみながら、のんびり週末を過ごすのにおすすめのスポットです。
海の方も素敵ですが、山の方は熊野古道へとつながっており、こちらも素敵です。

皆さまの週末の癒しの参考になれば、嬉しく思います。

【JTB】ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました