河内長野~グルメと穴場パワースポットを訪れるモデルコース~

河内長野~穴場のパワースポットを巡るモデルコース~

河内長野市は、大阪府の中央から南部にかけて広がるエリアで、大阪市内からも1時間ほどで行くことができます。

大阪でもレアな地域?と思っていましたが、歴史が深く、美しい寺院、絶品のグルメ、そして自然の美しさを楽しめます。

今回は、河内長野のグルメと穴場のパワースポット、歴史ある寺院を訪れる1日モデルコースをご紹介します。

お寿司食べ放題のランチを楽しんだ後は、パワースポットや歴史的な寺院で心が落ち着き、リフレッシュできますよ。

仕事や家事をがんばる皆さまの、オフの日のプチ旅行に、ぜひ河内長野へ訪れてみてはいかがでしょうか。

1日モデルコース(ドライブ)

9:30 大阪市内を出発

11:00 しっとう屋(お寿司食べ放題ランチ)

12:30 勝光寺(穴場のパワースポット)

13:30 観心寺(楠木正成ゆかりのお寺)

14:30 阿修羅窟(茶房の和スイーツ)

15:30 瀧谷不動尊(富田林市、日本三大不動尊の一つ)

しっとう屋(お寿司食べ放題ランチ)

お寿司食べ放題という衝撃の人気店。前日までに電話予約をすることをおススメします。

土曜日11時の予約時間に合わせ、余裕を持って、大阪市内を9時半に出発。

高速道路は使いませんでしたが、高速を使うと、1時間ほどで行けると思います。

カーナビで問題なくたどり着けます。

この交差点のところにあります。見逃さないでください。

布袋さんの石像と、「食べ放題」の大きな看板が目印。すぐに分かると思います。

お店に入ると、仏像が。お魚の発泡スチロールとともに。不思議な光景。

有名人のサインが飾られています。

中村獅童さん、プロ野球選手、ゴルフ選手、Jリーガーなども来られているみたいです。

食べ放題のコースは2種類。2023年10月現在、定番コース2500円(税抜)、匠コース3500円(税抜)です。

うに、大トロ、中トロ、車海老・・・。これは匠コースやな、とのことで匠コースを注文。

制限時間は60分。

お寿司屋さんのお湯呑み、なんかいいね!

注文は紙に書いて渡すスタイル。

一度の注文で、1人10貫まで。2人なので20貫まで。

茶碗蒸しやうざくなどの一品も1貫に数えます。

それと、注意すべきは全部食べ終わらないと、次の注文の紙を受け取ってもらえません!

なので、黙々とまずは食べてください。

1回目の注文、20貫。トロ、車海老、うに、本当に美味しいです。

2回目の注文、20貫。明石のタコ、うなぎが美味しいです。

松茸入り茶碗蒸しや、うざくも頼みました。

3回目の注文、20貫。普段あまり頼まないものを注文。芽ねぎ、玉子が美味しい。

ここでかす汁も頼みました。

そして、4回目がラストオーダー。お腹がいっぱいで20貫は無理だったので、10貫だけ。

大好きなうなぎ、イクラを5貫ずつで締めました。

こんなに美味しい、回っていないお寿司を、60分制限とはいえ、食べ放題とは・・・。

衝撃的なお寿司屋さんです。

2人で70貫をいただきました。

そのうち、私は20貫と茶碗蒸しとかす汁でギブアップでしたが、本当に大満足。

お腹も心も満たされるような幸せ。

河内長野まで行く価値ありですよ!

注意点をまとめると、

  • 予約をした方がいい(人気店のため)。
  • できれば11時スタートがおススメ(ネタ切れがない)。
  • まずは黙々と食べるべし(全部食べてから次の注文)。

↓ 公式HPはこちら

河内長野市の寿司店 旬彩握鮨しっとう屋
獲れたばかりの鮮魚のみを取り扱っております。握りにお造りなど当店自慢のメニューを堪能ください。

↓ Googleマップはこちら

Shittouya · 27-30 Kusugaoka, Kawachinagano, Osaka 586-0039, Japan
★★★☆☆ · Sushi restaurant

勝光寺

しっとう屋でお寿司をいただいた後は、穴場のパワースポット、勝光寺へ。

車で10分もかかりません。

広い道路から駐車場へ入るのですが、その道が狭くて急な坂道になっています。

対向車が来たらどうしよう?と思いながら入っていきましたが、何とか到着。

駐車場(無料)の中に、「勝負宰不動明王」が立っておられます。

勝負をつかさどる不動明王。

勝負事には必ず勝ちたい負けず嫌いの私には、ぴったり。

心を込めて参拝させていただきました。

坂道を少し上っていき、まずは御本堂にお参りします。

御本堂にも不動明王さま(抱き不動)。

護摩堂にも不動明王さま。

鐘楼の屋根には、右に太陽、左に月。平成16年にできた鐘楼だそうです。割と新しいお寺です。

勝運をいただくため、「勝鬨太郎(かちどきたろう)」という名のついた鐘をつかせていただきました。

良い音が響き渡り、心を震わせます。

この洞窟のような中に入ると、大日如来さま(仏像)と守護の十二天(絵画)が見られます。

三十六童子の仏像がすべてそろっているのは、日本国内でも珍しいとのことです。

いただいた御朱印(300円)です。

御朱印を書いていただいている間、ご住職が出てきてくださり、お寺の歴史などを紹介してくださいました。

また、御本堂の不動明王さまの前でお経を読み、私たちの健康延寿の祈祷をしてくださいました。もちろん無料です。

その後、滝行ができるという「お多福大神」の滝へ。

案内の看板どおりに進むと、すぐに分かります。

ものすごいパワーを感じます。気温もぐっと下がり、その霊気に心がキュッとなります。

私たち以外にだれも参拝者はおらず、本当に穴場のパワースポットです。

勝光寺とは

創建は昭和30年代で、歴史は浅い寺院です。

きっかけは、昭和31年夏の夜、井本凡勝が見た霊夢によります。

右手に剣、左手に青年を抱いた物凄い形相の不動明王が夢枕に立ち、「我は勝負の神なり、この世の勝負をつかさどる不動明王なり。我をまつれよ」との啓示を賜りました。

その不動の腕には、道に迷った若者が抱えられていました。

昭和35年春、神の導きにより、大自然に恵まれたこの地との出会いがあり、井本凡勝はこの霊山を勝負宰不動尊勝光寺と名付け、家族や近隣の村の人々、そして信者様の献身的な努力で、憩いの場、鍛錬の場、信仰の場を手作りで始めました。

この霊験あらたかな不動尊のご加護で、勝光寺は人生の勝利者を育てる不動尊、お滝のある寺、また笹ゆりの寺として多くの人達に親しまれています。

ご本尊は、勝負宰不動尊(抱き不動)であり、生きる事に疲れた人々(人間貧乏)を元気にする御利益があります。

また、大自然に恵まれたお多福滝の行場は、古くより人生を豊かにするお多福大神を祀り、霊験あらたかな霊滝として信仰されています。

マイナスイオンも溢れ大変爽やかで神々しい空間で、滝修行を行う滝としては 水量、水質、高さ等、行場としての環境や条件も大変に恵まれ、設備や指導も整い、修行者の間でも大変評価の高い滝行場です。

↓ 公式HPはこちら

勝光寺 ---大阪で滝行のできるお寺--- 寺修行 抱き不動 ささゆり 人間繁盛応援寺 
勝負宰不動尊 勝光寺 ---大阪で滝行のできるお寺---

↓ Googleマップはこちら

Shokoji · 1379-6 Hino, Kawachinagano, Osaka 586-0085, Japan
★★★★☆ · Buddhist temple

コメント

タイトルとURLをコピーしました