霊山寺

霊山寺

奈良霊山寺―大和十三仏霊場の一つ、美しいバラ園が魅力

2023年5月13日に、薔薇園を目当てに参拝してきました。

いわゆる有名な観光地、奈良公園や東大寺の大仏さまとは離れた場所にあるため、かなりレアで穴場な場所となっています。

本堂は、古き良き日本の美を感じる場所です。伝統的な建築様式と豪華な装飾品が調和し、心を奪います。

その神聖な雰囲気に包まれながら、心静かにお参りし、願い事を捧げることができました。

そして、なんと、境内には天然温泉があります。今回は行きませんでしたが、まろやかな肌触りで心地よさを与え、疲れた体をほぐしてくれるそうですよ。

そしてそして、何よりも、美しい薔薇園。種類の多さもさることながら、手入れも行き届いており、何時間でも見ていられる美しさでした。

霊山寺とは

「りょうせんじ」と読み、奈良市中町にある霊山寺真言宗の大本山です。正式には「奈良山寺」といいます。

丘陵の上に本堂(鎌倉時代・国宝)や三重塔(重要文化財)などが建ち、これらの歴史的建造物とともに、全面金箔貼りの黄金殿や、バラ園、温泉、ゴルフ練習場、大霊園などの設備を有する異色の寺院です。

ご本尊は薬師如来さま。

寺伝では聖武天皇の勅願により行基が開いたとされていますが、正式な記録はなく、開創の時期や事情、歴史についてはあまり明らかにはなっていません。

現存する本堂、三重塔は鎌倉時代の本格的な建築であり、本尊薬師三尊像は平安時代後期のものであるため、古くから栄えた寺院であったことがうかがえます。

兵火に遭わなかったため、建物、仏像などに古いものが残っているのも特徴です。

敷地内にあるバラ園は、世界のバラの花を集めており、多くの参拝客でにぎわいます。

本堂は国宝に指定されており、他にも本尊の木造薬師如来及両脇侍像、三重塔、鐘楼などが、重要文化財に指定されています。

↓ 公式HPはこちら

大和國 登美山鼻高 霊山寺 / Yamatokoku Tomiyama Bikou RYOSENJI
『大和登美山鼻高 霊山寺』は奈良市中町の富雄川沿いに位置し、国宝重文建物6棟、重文仏像宝物30余点を所蔵しています。また、内外総金箔押の金殿、八十八所霊場、地蔵尊霊場や200種2000株のばらが咲き誇るバラ庭園、風情ゆかしい薬師湯殿、3万坪...

霊山寺薔薇園

薔薇の花園が織りなす魅惑の楽園―奈良霊山寺の薔薇園をご紹介!

奈良霊山寺の境内に広がる薔薇園は、まさに美の楽園と呼ぶにふさわしい場所です。

色と香りに満ちた薔薇の花々が、出迎えてくれました。

まず、薔薇園へ足を踏み入れると、一面に広がる薔薇たちの華やかな姿に圧倒されます。

様々な品種の薔薇が咲き誇り、その色と形はまさに芸術品のようです。

ピンクや赤、白、オレンジなど、多彩な色彩が目を楽しませてくれました。

薔薇園を歩いていくと、甘い香りが漂ってきます。

風に揺れる薔薇の花びらから広がる香りは、心地よさと癒しをもたらしてくれます。

静かに立ち止まって深呼吸すると、花々の香りに包まれ、心身がリフレッシュされました。

また、今回は5月13日に伺いましたが、季節ごとに異なる風景も魅力の一つだそうです。

春には優雅なつるバラが咲き誇り、夏には満開のバラたちが鮮やかな色彩を放ち、秋には実りの時期を迎え、紅葉と薔薇の共演が見られるとのこと。

一年を通じて様々な表情を見せる薔薇園は、訪れる度に新たな発見があるようです。

また、薔薇園の奥にはカフェやお土産屋さんもありました。

かわいい薔薇のマグカップとローズティーをお土産に購入。

静かな空間で薔薇の魅力に浸りながら、心が穏やかになりました。

霊山寺へのアクセス

車で行く場合は、無料の駐車場が何カ所かありますので、安心です。

薔薇が見ごろの時期に行ったため、一番近くの駐車場ではなく、少し上がったところにある霊園の駐車場に案内されました。

↓ マップはこちら

霊山寺 · 〒631-0052 奈良県奈良市中町3879
★★★★☆ · 仏教寺院

コメント

タイトルとURLをコピーしました